不動産投資を始めるには事前の確認が大切です。

2012-09-28

不動産投資は「費用」も関係がありますが「物件ありき」です。
よくあるトラブルの事例を基に考えてみました。

広さが購入時に聞いていたものより狭いことなど。
道路を拡張するためにセットバックなどがよく行われていますが物件広告には「要セットバック○平方メートル」などの表記が必要です。
セットバックする部分には建物を建てられません。
地域や住民間のトラブルが頻発している?
例えば・・・ご自分が建てるご予定の賃貸マンションの建設反対運動などのリスクは考えられませんか?
昼はそうでなくても特に深夜に建物内に問題ありそうな人の出入り。
家賃の滞納者の有無など。

投資を始めようと思っている地域のコンビニのお手洗いを借りてみましょう。
「ご自由にどうぞ」など表示がありオープンな店が多い場合は住みやすい地域と言えるでしょう。
全くお借りできない場合もあるようです。
その場合は・・・考えてしまいますよね。

税金についても必要経費が多いほど不動産所得にかかる税金が軽減されます。
税金の申告などについては、FX(外国為替証拠金取引)と不動産運用や投資による収益は税金の申告方法が違います。
また、建物に対する「減価償却費」や「支払利息」などの勘定科目の取り扱いについても確認が必要です。

Copyright© 不動産投資の大変さも理解して物件を取得しよう All Rights Reserved.

相互リンク募集中!お気軽にご連絡ください!