収支バランスとランニングコストどっちも重要です。

2012-10-30

異人館が立ち並ぶ神戸。

インプラントを神戸で開業している知り合いがいます。

神戸には素敵な建物がいっぱい。

お店だけでなく、病院やインプラント施設もおしゃれできれいな建物。

見ていると「こんな家がほしいなぁ」と思いましたね。

でも、現実はかわいいうさぎ小屋生活なのであります。

マイホームをお持ちの方ならもちろん、

固定資産税はご存じで納めておられますよね。

マイカー所有している場合も同じくで、

税金を納めなくてはなりませんよね。

家賃収入を得ているオーナーがうらやましく思う事もありますが、

物件をかかえている分、税金も納めなければいけない。当然の事なのですがね。

年数が経てば、設備の修繕や補修もしなければならなくなるし、

維持費や経費を考えて家賃設定もしなければいけません。

特に、部屋数があるマンション等は空き部屋状態ではいけませんよね。

入居者の確保や管理も個人ではそう容易くありません。

そうなると、不動産紹介業者や管理会社にも依頼しなければならないこともあります。

そのような諸経費なども考えての利回り計算をし、

物件購入を検討することも重要となります。

ただ、オーナーとなり家賃収入だけを考えていては、減収になることにもなりかねません。

収益とランニングコストのバランスを考えて物件を選ばなければいけませんね。

 

 

Copyright© 不動産投資の大変さも理解して物件を取得しよう All Rights Reserved.

相互リンク募集中!お気軽にご連絡ください!