不動産投資物件とテナントの話

2012-11-01

不動産投資物件を購入する場合には、
その物件をどのような用途に使うかを考えなくてはいけません。
よくあるケースとしては、住宅用の賃貸物件、店舗や事務所用の
テナント用物件などです。

住宅の場合は立地や建物に問題がなければ
普通に賃貸契約を結ぶことで家賃収入を得ることが出来ます。
しかし商業用物件として貸し出す場合は、
貸し出す業種や職種を選ぶ必要があるでしょう。
騒音や臭いといったものが日常的にでるような職種ならば、
周りからの苦情が出る可能性もあります。
デスクワークが多い通常の事務所ということならば
人の出入りもそれほど多くなく、
もっとも貸しやすいといえるでしょう。

稲田堤は美容室なども多いでしょうから、美容室に貸し出すというのも
ひとつの手です。
個人経営の小規模な美容室ならばそれほど面積はいらないでしょうし、
音や臭いもそれほど強いわけではありません。
水場などが必要になりますが、それらを事前に用意しておけば
色々な業種にあわせて貸し出すことが可能となります。

不動産投資の場合、空き物件がそのままの状態で長く続くことが
一番の悩みになります。

 

 

 

 
ニーズに合わせた物件を用意して、できるだけ継続的に
収入が得られるようにしましょう。
時代背景にあわせて必要なものを
常にチェックしておくことも良いでしょう。

Copyright© 不動産投資の大変さも理解して物件を取得しよう All Rights Reserved.

相互リンク募集中!お気軽にご連絡ください!