飲み薬による育毛

2013-09-19

私の場合、20歳ごろから髪の毛、特に頭頂部が徐々に薄くなってきました。
30代に入るとその薄い部分がどんどん前に進行してきました。
これはまずいと思い、当時発売されたばかりのミノキシジル配合の発毛剤を使用し始めました。
しかし、まったく効果はありませんでした。値段も高かったため、2年ほどの使用で断念しました。
40代初めには前の毛は薄く細くまばらで、頭頂部は産毛程度になりました。ちょうど温水洋一さんのような感じです。
髪を伸ばすと落武者のようになるため、常に6ミリ程度の短髪にしていました。
ただ、これくらい短くても髪の薄さが目立つようになり、やはり何とかしなければと思いネットで検索しました。
初めは皮膚科でAGAの治療をしようかと思ったのですが、考えていた以上に治療費がかかるのでこちらはあきらめました。
その次にAGA治療で使われる薬と同じ成分、フィナステリドが含まれる薬がジェネリックで販売されているというのでこちらを購入することにしました。
日本では販売されていないため、輸入となります。
値段はAGA治療と比べると1/10程です。
とりあえず半年は続けてみようと思い始めてみました。
毎朝薬を飲み、携帯で頭頂部の撮影をするのが日課となりました。
初めの1か月は、何も変化がありませんでした。
薬を飲むことにより、特に副作用も感じなかったので毎朝飲み続けました。変化が出てきたのが2か月目です。
その頃からシャンプーをしてもほとんど抜け毛がなくなり、カメラで撮影した頭頂部も周りの毛と同じ太さのように見えました。
実際触ってみると、ふにゃふにゃだった毛がツンツンと固く感じます。
3か月目、4か月目と日を増すごとに、前のほうの毛はだいぶ濃くなり、生え際には産毛も生えてきました。
6か月目には頭頂部は若干薄い程度になり、前の部分は横や後ろとほぼ同じ状態になっています。
ただ、生え際が後退した部分は元に戻らず、おでこが広いのはそのままです。
以前テレビでお医者様がAGA治療で劇的な効果がある人は、1割程度と言っていましたが、私は運よくその1割だったのかもしれません。
もっと早く対処していれば、生え際も守れたかもしれません。

Copyright© 不動産投資の大変さも理解して物件を取得しよう All Rights Reserved.

相互リンク募集中!お気軽にご連絡ください!