昆虫も草花も共存

2014-02-05

家の庭はかなり広いです。
その面積を十分活かしきれていないのが残念な所です。
楓の木や雪柳もあるのです。なんだか、森に来た様な錯覚すら覚えた事も以前はありました。
と言いますのも、2年前に広い芝生だった大部分を砂利に変えたからです。
芝生は草むしりが必要なのですが、夏の猛暑に伸びきった雑草を抜く作業は大変骨が折れるのです。
一時はアルバイトをお願いした事もあるのですが、頼りにしていた彼女も、最近は腰痛で病院通いになり庭の芝生は荒れてゆく一方でしたので、
思い切って替えたのです。
芝生をとことん失くしたいという思いでしたが、雪柳の周りは砂利が良いとの植木屋さんからのアドバイスにより、
芝生は砂利になりました。
今の季節は、そんなに雑草が生い茂る事もないので、たまに庭の植物達を観察したりするのですが、花も水仙しか咲いていない中、
銀色の毛の様な物がたくさん付いている枝を発見し、祖母に尋ねると「猫柳ですよ。
それくらいも知らないとはね・・。」と仰天していました。
生け花教室に通っている祖母は、花の種類に詳しく、趣味はガーデニングなのです。
私は花の蜜を吸いに来る蝶や、アロエの分厚い葉の上に何時間も座っている青ガエルに興味があります。
生物は共存していますね。

Copyright© 不動産投資の大変さも理解して物件を取得しよう All Rights Reserved.

相互リンク募集中!お気軽にご連絡ください!