Love Rainbowを嵐の着うたで!

2015-06-15

CD弾丸リリースだった2010年の第4弾がこの「Love Rainbow」です。

嵐初!松潤初!花のフジTV月9ドラマを飾る曲となりました。
まさか嵐が月9の主題歌をまかされる日が来るなんて・・・。とファンも感無量。
もちろん嵐の着うたはLove Rainbowにしましたよ。

『夏の恋は虹色に輝く』が始まる前は「ラブコメらしい」とのうわさを聞いて、わくわくが止まりませんでした。

そしてドラマが放映されるたびに
「あれ?あれれ?」とだんだんとトーンダウンしてしまったのですが、
応援の意味を込めて「ダメ潤」を見る事ができたいいドラマだったと思います(上から目線ですみません。)だけど、最終回までちゃんと見てますよ~だ♪

■ Løve Rainbow嵐のカラオケ

PVも爽やかでいいですよね。完全にグリーンバックですけどね(笑)。
でも前回のPVよりは全然よい出来なので満足しております。
このドラマがやってた時はけっこうLove Rainbowを嵐の着うたにしていた人も多かったのではないでしょうか?

この曲ってどんな振付だったけ?って思い出したくてチェックしてみたんですが、

「あれ・・・?無い?」
そうだ!この時期って以上に忙しくて歌番組に出ていないような気がするのは私だけでしょうか?

2カ月ごとのリリースだったので、出る暇もなかったのでしょうか。フジ系なのでHEY!HEY!HEY!に出てくれたらよかったのですが出演はありませんでした。せっかく松潤センターなのに残念ですよね。
でもけっこう見た気がするのはライブでやっているからなのでしょうね。

この曲はとても夏っぽい曲で、ある意味「嵐っぽい」曲だと思います。特に後半の「なないろ~のフレーズ」を追いかけるところがきれいですよね。

シングルCDの初回限定盤には、メイキングが特典についているのですが、このメイキングはよかったですよ。

松本潤を思うがままに動かすことができるレバーを、大野智が持っているんじゃないかって気がしていたのですが、
このメイキングの中で
大野智のヒザに乗る松潤の

「どうした?」

このひとことで萌え死んだファンも多くいました。

あのプロフェッショナル松本から、こんなにやさしいトーンでささやかれる大ちゃんは、なんて幸せ者なのでしょう。

そのことのすごさを一番知っていないのも大ちゃん自身なんじゃないかと思います。

2010年のリリースラッシュに疲れたファンの心を、こういうゆるゆるメーキングで癒す戦法は、いったい誰が考えているんでしょうね。
事務所か?いやいや松本潤の策略か!

この「Love Rainbow」という曲は好きなんだけど、『一番好き!』ってほどではないのに、
とにかく頭の中を「なな~いろ~のフレーズ~」がグルグルとリピートされてしまう、不思議な曲なのです。
それはきっとイントロが「夏が始まるぜ!」と気持ちを煽ってくれるのだからだと思います。

Copyright© 不動産投資の大変さも理解して物件を取得しよう All Rights Reserved.

相互リンク募集中!お気軽にご連絡ください!