Archive for the ‘物件価格以外の価格’ Category

不動産投資には物件だけでなく費用はもっとかかる!

2012-05-12

不動産投資には、不動産の物件価格以外にも、不動産取得税や登記費用などが発生しますが、これは不動産を持つことが課税の対象になり、不動産投資によって不動産の持主になることから、税金が発生します。

まず都道府県が課税するものとして、不動産取得税があり、平成24年3月31日までは、固定資産税評価額3%が課税、土地については、課税標準を2分の1にする特例があるので、実質は1.5%になります。

国税としては、登録免許税があり、これは売買などで持主が変わると、登記簿に登記を行う移転登記が必要になりますが、その時にかかる税金です。

建物の移転登記については、固定資産税評価額の2.0%で、土地の移転登記については、固定資産税評価額の1.3%となっています。

ただし平成24年4月1日からは1.5%となり、将来的には2.0%になるようです。

建物を新築する場合は登記が必要になりますが、これを保存登記と言い、新築建物の保存登記の登録免許税は、固定資産税評価額の0.4%です。

通常、登記の手続きは司法書士に任せるので、登録免許税と合わせて、司法書士報酬も必要になってきます。

他にも、抵当権設定の場合は債権金額×0.4%、仲介手数料やローン付随費用、売買契約書に貼る印紙代が必要で、物件購入後の火災保険の保険料も当然負担することになります。

このように多くの費用がかかりますが、そこまで含めた収支のシミュレーションをして、納得のいく不動産投資が出来るといいですよね。

 

Copyright© 不動産投資の大変さも理解して物件を取得しよう All Rights Reserved.

相互リンク募集中!お気軽にご連絡ください!