Archive for the ‘不動産投資の税金について’ Category

家賃収入以外の税金の面でのメリット

2012-05-12

不動産投資では、家賃収入以外にも税金の面でいくつかのメリットがあります。

家賃収入から各種経費を差し引いた不動産所得は、所得税の対象になり、サラリーマンであれば、給与所得と合算した課税所得金額に対して所得税を計算することになり、不動産所得がマイナスであれば、課税所得金額はその分少なくなり、税金も少なくなります。

購入してしばらくは、利益が出ないこともありますが、建物の減価償却費によって利益がマイナスになっているような場合は、実際の現金収支はプラスということになり、他に所得がある方の場合は不動産所得のマイナスによって所得税が節減されることになります。

特に不動産投資の初年度は、すぐに入居者が集まらなかったり、コストがいろいろ発生したりして、現金収支もマイナスとなることがありますが、この場合も、他の所得と通算できる節税効果があるので、影響は小さいようです。

アパート・マンションが建っている土地は小規模住宅用地となり、駐車場用地などと比べ、固定資産税の課税標準の圧縮があり税額も大きく違ってくるので、土地を持っていて、駐車場経営をされているような場合、建物を建てることで、土地にかかる固定資産税を大きく節減できることにもなります。

また、不動産投資は相続対策として行われることも多く、現金よりも不動産のほうが税制上の評価が低いので、将来相続が発生した時の相続税額も少なくなります。

不動産投資を投資ということだけではなく、他の面でも考えてみるといいかもしれませんね。

 

Copyright© 不動産投資の大変さも理解して物件を取得しよう All Rights Reserved.

相互リンク募集中!お気軽にご連絡ください!