11月, 2012年

投資で得たお金で私生活をエンジョイしよう

2012-11-28

不動産投資で得たお金は、他のさまざまな投資に比べると、より確実性が高いといえます。

株などは儲けが出れば大きいですが、大きな損失を出してしまうこともあります。

それにくらべ不動産投資は、不動産さえもっていれば

あとはやり方次第で何とかなるわけです。

最悪の場合は不動産を手放せば、

ある程度のお金が得られるでしょうから、

資産としてはかなり有効といえるでしょう。

安定して不動産収入が得られるようになったのなら、

私生活もかなりエンジョイすることが出来るでしょう。

人によっては神田のエステを楽しむ位の余裕が出るかもしれません。

クラブ、カジノのような、たくさんのお金を使う娯楽を楽しめるようになれば、

不動産投資の稼ぎにもそれなりの自信をもてるはずです。

どれほどの投資用不動産を持っているかによっても変わってきますので

私生活にどれほどのお金をかけられるかは状況によって違います。

物件が大きければ大きいほど儲けも期待できますが、

初期投資や維持費もかなりのものになるでしょう。

そのため、自分の資産と投資物件を常に比べることで、

無理のない投資を行うことが重要なのです。

最初に購入する物件を決めるときは特に大事です。

その最初のひとつで今後の投資の動きが決まるといっても過言ではないのです。

 

 

 

投資物件を買うタイミング

2012-11-19

最近ではさまざまなお金の運用方法がありますが、
その中のひとつとして不動産投資があります。
インターネットを使うことで利用者が急速に増えてきている
投資方法に比べると、従来からある方法といえるかもしれません。


だからといって古臭いイメージがあるわけではなく、
より現実的で確実な方法といえるでしょう。
物体のない、数字だけをやり取りするような投資ではなく、
不動産という大きなものをつかってやりとりをするわけです。
株やFXはちょっと難しい・・・と考えているような方には、
オススメの方法といえます。
しかし、初めて不動産投資をはじめるとなると、
知らなければいけないこともたくさんあります。

たとえば、どのタイミングで物件を購入するかは、非常に重要な考え方です。
特に考えず、とりあえず手ごろな物件を購入して運用を始めようと思っても、
思うように所得が得られず、借金問題や過払いが群馬で起こりかねません。
投資でお金を増やすどころか、逆に減ってしまうようなことは避けたいですから、
しっかりと投資方法を学んだ上で、本格的に行動に移すのが良いでしょう。

最近では不動産投資に関する専門書などもたくさん販売されています。
もちろん、過払いを群馬でしないようにするために、借金にならないような
資金運用の仕方が書かれた本もたくさんあります。
不動産投資は将来的に長くおこなっていくものでもありますから、
ゆっくりと時間をかけながら確実にすすめていきましょう。

 

 

 

焼肉店物件の賃貸

2012-11-16

テナントとして物件を貸す場合、銀座の焼肉などのような

人の出入りが激しく、かつ人気の出そうな飲食店と付き合いが

出てくる可能性もあるでしょう。

都会のど真ん中のテナントとなれば、賃料は高くても

立地によってはそれ以上の価値があると考える人も多いはずです。

しかしひとつ気になるのは、焼肉店のにおいです。

飲食店ならば料理のニオイは必ずでてしまいますから承知の上ではあるものの、

焼肉店ともなればニオイも煙もかなりのものです。

物件の大きさにもよりますが、それ専用の換気設備を入れなければ

商売として成り立たないケースもあるでしょう。

これらに必要な費用は店側が負担するとしても、決して安くはありません。

たとえば同業種が入っていた空きテナントが他にあれば、

そちらに流れてしまう可能性もあります。

物件そのものがハコだけの状態ならば、色々とアレンジが出来ますが

その分コストはかかります。

店側にとって開店資金はなるべく安くおさえたいでしょうから、

多数の飲食店が求めるような設備に関しては、

あらかじめ用意しておくのもいいかもしれません。

投資物件としては負担が大きくなりますが、

長い目で見ればそのほうが良いケースも多々あります。

とはいっても出入りの激しい飲食店ならば、

設備も適度に入れ替える必要があります。

衛生的な問題もありますが、椅子やテーブル、壁などにも

においというのはつくものなのです。

 

 

不動産の相続

2012-11-12

不動産投資を行うために、たくさんの物件を持っていた人の場合は、
相続を群馬ですすめるための方法を知っておく必要があるでしょう。
どの地域であっても重要なことですが、相続において不動産は
非常に重要なものになります。
投資の知識があまりない人の場合は、たくさんの不動産を相続することで
どうしたらいいのかわからなくなってしまうこともあるでしょう。
そのため日ごろから管理やチェックをしっかりと行い、
自分に何かが起こったときのために、その控えを保管しておくことも重要です。

 

不動産を相続した場合、一番簡単な方法はすべてお金にかえてしまうことです。
ただしそれでは、今後もっと稼げる見込みがある不動産も
手放してしまう可能性があります。
そのため専門家などに相談しながら、今後の不動産投資について
どう動くべきかを考えていくのが良いでしょう。

FXなどと違い、不動産投資は初期投資がかなりかかりますから、
誰でも簡単にはじめられるというわけではありません。
しかし、家賃収入などを継続的に見込める物件ならば、
不労所得だけで暮らしていくことも不可能ではないのです。
そうすればたとえ職を失うようなことがあっても、
しばらくは安心して暮らすことが出来るでしょう。
ただし継続した管理が必要になりますから、
不労所得というほど不動産投資は楽ではないかもしれません。

 

 

不動産物件、どこが狙い目か

2012-11-10

不動産物件を購入する際、どの地域の物件を選ぶのかは重要な問題といえます。
自分が住んでいる地域ならば管理もしやすいですし、
地価などの知識も深いことでしょう。
しかし、自分の住んでいる地域=不動産投資に向いている物件が
多いとは限りません。
そのため専門家などと相談しながら、物件のある地域を選ぶ必要があるのです。

田舎暮らしの理想がある人ならば、田舎に物件を購入してみるのも良いでしょう。
最近は同じような理想を持つ人が多いですから、需要はあるはずです。
物価も安めですから、物件を購入する初期費用としても安くすみます。
ただ、田舎の場合は購入する物件のタイプも検討する必要があるでしょう。

都会のオフィス街などと違い、田舎の物件は需要が異なります。
ゆっくりとスローライフをおくりたい人もいれば、
大きなマイホームを地方に購入したいと考える人もいるでしょう。
またインターネットを利用して仕事を行うことで、
静かな環境をオフィスとして選ぶようなところも増えています。

 

 

都会と田舎の物件の需要の違いを良く考えなければ、
投資はうまくはいかないことでしょう。
土地は安めですから、新たに物件を建てるのも良いかもしれません。
それでも需要に応じた良い物件をたてることが必要になってきます。
これなら好きなように建てることができますが、
投資物件としては難易度は上がるでしょう。

 

 

不動産投資でねらい目は

2012-11-07

みなさん、不動産投資でねらい目な物件というと、

どのようなものを思い浮かべますか??

実際、不動産投資で収入を増やすためには、

どのようなことが必要なのでしょうか。

一般的に言われている不動産投資での収入は、

家賃で稼ぐ(インカムゲイン)と言われているものですが、

それ以外にもその物件価値が上昇したときに、

売却して利益を得る(キャピタルゲイン)手段もあります。

実際、バブル時代は、土地の価格が上昇を止まることを知らず、

キャピタルゲインによって利益を得ていた投資家たちが数多くいました。

 

しかし、現在は物価上昇というより、半ば下落気味なので、

キャピタルゲインによる利益は難しいでしょう。

物件価値が上昇している時は、買い手が多いわけですから

わざわざ手放さないと思いますが・・・。

もう一つ、新たに住人が入居する時の礼金や、

住人がその物件を離れる際に部屋が傷ついている場合の

修繕費である敷金なども入ります。

ですから、部屋の維持代は基本的にお金がかからないと言っていいでしょう。

もちろん、あとは必要経費をいかに増やして利益を得るかということになります。

実際、経費に計上していないことで、

利益をあまり得ていない投資家が多くいるのです。

今の時代は、いかに必要経費の額を増やすかということが重要です。

別に無理に増やせといっているのではありません。

経費として数えられていない部分はないか確認するということです。

不動産管理のために使われたものは、

だいたい経費になります。(交通費や情報を得るための接続費用など)です。

 

細かにあげればきりがないのですが、

ぜひ、専門家へ相談して損をすることの無いようにして下さい。

不動産投資も好きですが、コスプレも好きです。

婦人警官やバニーガールの格好をした女性をみると追いかけてしまいます。

 

 

 

不動産投資物件とテナントの話

2012-11-01

不動産投資物件を購入する場合には、
その物件をどのような用途に使うかを考えなくてはいけません。
よくあるケースとしては、住宅用の賃貸物件、店舗や事務所用の
テナント用物件などです。

住宅の場合は立地や建物に問題がなければ
普通に賃貸契約を結ぶことで家賃収入を得ることが出来ます。
しかし商業用物件として貸し出す場合は、
貸し出す業種や職種を選ぶ必要があるでしょう。
騒音や臭いといったものが日常的にでるような職種ならば、
周りからの苦情が出る可能性もあります。
デスクワークが多い通常の事務所ということならば
人の出入りもそれほど多くなく、
もっとも貸しやすいといえるでしょう。

稲田堤は美容室なども多いでしょうから、美容室に貸し出すというのも
ひとつの手です。
個人経営の小規模な美容室ならばそれほど面積はいらないでしょうし、
音や臭いもそれほど強いわけではありません。
水場などが必要になりますが、それらを事前に用意しておけば
色々な業種にあわせて貸し出すことが可能となります。

不動産投資の場合、空き物件がそのままの状態で長く続くことが
一番の悩みになります。

 

 

 

 
ニーズに合わせた物件を用意して、できるだけ継続的に
収入が得られるようにしましょう。
時代背景にあわせて必要なものを
常にチェックしておくことも良いでしょう。

Copyright© 不動産投資の大変さも理解して物件を取得しよう All Rights Reserved.

相互リンク募集中!お気軽にご連絡ください!