2月, 2013年

不動産投資の打ち合わせのあとタイ古式マッサージでリフレッシュ

2013-02-02

仕事の関係でマレーシアに住んでいます。タイにはよく仕事で行きます。
その際必ず立ち寄るのがマッサージ店で目黒のタイ古式のマッサージを満喫しています。

まず値段は非常に安いです。自分がよく行くところは2時間で240バーツです。
たぶん日本円で700円くらいではないかと思います。
マッサージをしてくれるのはたいてい女性です。

自分は強めのマッサージが好みのなですがどの女性もとても力強いです。
というかたぶんコツがあって然程力を使わなくても力強いマッサージを施すことができるのだと思います。
タイ古式マッサージの内容はつぼを押したり掌で筋肉をほぐすようなものではなく腕や足を引っ張られたり、体の上に立って足踏みされたり、プロレス業のようなものをかけられたりとかなりアクロバティックです。
そして必ず最後に両腕を頭の後ろに回されてその腕を抱えられ、体を左右に思いっきり振られてボキボキッというすごい音を立てられます。
自分の背骨からこの音が発せられるのです。
マッサージされているときは正直気持ちがいいというよりは少し痛いです。
しかし終了後はかなり体が軽くなります。確実に疲れが取れているのだと思います。
しかし中には本当に力の強いマッサージ師もいてマッサージ終了後に体中にアオあざがたくさん出来てしまっていることもあります。

ですが自分はこのタイ古式マッサージをかなり気にいっています。
しかし自分にとっての最大の問題はクーラーです。
やはりマッサージ師は体を使って一生懸命マッサージしますのでかなり熱くなるようです。
そのためクーラーの設定温度をかなり低めにセットします。
その冷房のガンガン効いた部屋の中でただじっと2時間もマッサージを受けている自分の体はいつも冷えきってしまってます。
たいていのマッサージ師は自分が日本人であるにもかかわらずかなり気を使ってくれて「痛くないか」と片言の英語で度々たずねてくれますがそのたびに自分は「痛くはないけどクーラーの温度を上げてください」とお願いしています。

たいていの場合、自分のリクエストに答えて温度を上げてくれますが、そうするとマッサージ師本人はとても暑く感じるらしく、またすぐに設定温度を下げられてしまいます。
タイ古式マッサージはなぜか1時間ではなく2時間が標準時間のようで、それ自体は嬉しい話なのですがこのクーラーの設定温度だけが悩みの種です。

タイに行かれることがある人は是非本場のタイ古式マッサージを試してみてください。

Copyright© 不動産投資の大変さも理解して物件を取得しよう All Rights Reserved.

相互リンク募集中!お気軽にご連絡ください!