5月, 2014年

看護師の転職のベストなタイミングは?

2014-05-07

転職率の高い職業としてよく知られているのは看護師です。
看護師は需要が満たされていない状況が常に続いていますので、看護師はより待遇のいい職場があれば転職したいと考えている人は多いそうです。
また多くの看護師は自分の望んでいる待遇の職場があればいつでも転職したいと考えてもいるそうです。

ただ、看護師という職業がら日々の業務に追われ転職活動に時間を割けないためになかなか思うように転職することができないというのも事実です。
また転職の際に問題になる別の点はどのタイミングで転職するのが自分にとって最善なのかが分からないと悩んでいる人も多くいます。
実際一つの病院やクリニックである程度の経験を積んでから転職した方が有利になると考えるものの、どの程度の経験を積めば十分かというのは曖昧です。
ですから、“どのタイミングで転職するか”というポイントは重要です。

転職は自分がしたいと思っていても、自分を求めてくれる職場がなければ成立しません。
ですから、看護師の転職市場の動向を見極めつつタイミングを探っているとより待遇のいい職場に出会うこともできます。

ではいつが看護師が転職する良いタイミングなのでしょうか。
統計から看護師の求人が増えるタイミングをまず知っておきましょう。

基本的に新たに看護師として採用される時期は主に一年間に四回あります。

4月と9月は病院にとって期の変わり目となっているので、当然求人が多くなります。
また、夏と冬の賞与後も求人が増える時期です。この時期は転職を考えていた看護師の多くが賞与を受け取ってからやめていくからです。

この中でも転職者にとって人気のある時期は4月です。
理由は新卒の看護師が入職してくるので、同じタイミングで入ると基礎的な研修も参加することができより新たな職場に慣れるのも早くなるからです。
しかし、この4月の転職に合わせると多くの看護師が就職活動をしているので、良い求人が抑えることが難しくなるということです。

それで、もう看護師の仕事に慣れていてどの職場に行っても即対応できると思っているのであれば、転職活動のタイミングは12月、1月頃がベストであると言えます。

その理由は12月、1月は来期の4月入職に向けた求人が増え出すので、多くの求人が出ていますし、待遇のいい人気のある求人もたくさんある状況となっています。
ですからこの時期に転職活動をすることには多くのメリットがあります。

看護師の求人は慢性的な人材不足ゆえに1年を通じてあります。
ですが待遇のいい職場というのは限られています。
今の職場よりもより良いところで働きたいと願っているのであれば、転職のタイミングを見極めるのはとても重要だということがわかります。

Copyright© 不動産投資の大変さも理解して物件を取得しよう All Rights Reserved.

相互リンク募集中!お気軽にご連絡ください!